スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対戦動画公開への道 ~録画編~

今回はアーケードでの対戦を録画する方法を紹介します。
自分でも録画してみたいという問い合わせを頂きましたので、私がやっているやり方を紹介します。
では順を追って解説していきましょう。

1.筐体側
  まずは筐体側で使われているシステムを知りましょう。
  スト4で使われているのはTAITO Type-X2基盤です。
  基盤とはいうものの、中身はパソコンです。
  しかも現在家庭用で使われているものとほぼ同じものが使われています。
  ですので映像の出力にはDVI、音声の出力にはステレオミニプラグが使われています。
  ただし、映像の方は変換アダプタを使いミニD-sub15ピンに変換されて筐体のモニタと接続されています。

  現在の録画機器事情では、デジタル端子(DVI、HDMI、D端子)での入力は基本的には出来ないようになっています(不可能ではないですが、映像機器にしろパソコン用キャプチャ機器にしろかなり高額な機器でしか出来ないのが実情です)。
  そこで、出力側の映像信号をテレビ等でも扱える低周波数のアナログ信号に変換してやることで、各種録画機器での録画が可能となります。
  そのための機器がダウンスキャンコンバータです。
  私が使っているのはIOデータTVC-XGA2という機器で、定価は9,800円ですがかなりポピュラーな機器のため、中古であればネットオークション等で4~5,000円程度で入手が可能です。
  これを基盤と録画機器の間に挟み込むことで録画が可能となります。
  接続方法については後ほど記載します。

  音声については、スピーカーやイヤホンで使われているステレオミニプラグで筐体スピーカーへ繋いであるだけですから、ステレオミニプラグの分岐用のプラグやケーブルを買ってきて筐体側と録画機器側へ分けて繋いでやればOKです。
  分岐のプラグやケーブルは100円ショップでも手に入りますし、少しいいものでも家電店で1000円も出せばお釣りがくるでしょう。

  筐体側の出力についてはこれで準備完了です。


2.録画機器側
  録画機器については、HDDレコーダーを使うかパソコンを使うかの二択になると思います。
  私の場合は2つの理由からHDDレコーダーを使っています。
  1つ目は録画が楽なこと、2つ目はアナログ外部入力を2系統同時に録画出来る機種があることです。
  前者は録画ボタンを押すだけという言わずもがななことですが、後者がどういう事なのか解説しましょう。
  現在では当たり前の機能である2番組同時録画機能ですが、デジタル放送非対応のアナログ用機種では機械的にある条件を満たしていないと出来ない機能でした。
  HDDレコーダーは過去も現在も基本的にはDVDで使われているMPEG2という方式の映像で録画しています。
  映像をこのMPEG2という方式に変換するためには、MPEG2エンコーダーというものが必要なのですが、アナログの映像を2番組同時に録画するためにはチューナーだけでなくこのMPEG2エンコーダーも2個レコーダーに搭載されている必要がありました。
  つまりMPEG2エンコーダーが2個搭載されている機種ならば、テレビ放送だけでなく外部からの入力映像も含めたアナログ映像の同時録画が可能になるということです。
  私の場合は1つの機器で筐体2セットを同時に録画したかったので、この機能を重視してレコーダーを選びました。
  MPEG2エンコーダーを2個搭載した機種は各メーカーから出ていましたが、最も力を入れて多くの機種を出していたのは東芝でした。
  東芝の以下の機種でしたらアナログの外部入力を同時録画可能ですので、レコーダーでの録画を検討されるのでしたらネットオークション等で探してみると良いでしょう。

  東芝:RD-XS36、RD-XS37、RD-XS38、RD-XS43、RD-XS46、RD-XS48、RD-XS53、RD-XS57、RD-X5、RD-X6
  特にRD-XS57、RD-X6の機種については現行のデジタルAV機器で主流のHDMI端子が付いているので、確認用のモニタの選択肢が広がると思います。
  私が使っているのはRD-XS57です。
  東芝のW録機能については以下のサイトで詳しく解説されています。
  http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/products/hdd/rd-x6/03.html

  続いてパソコンで録画する場合ですが、パソコンで外部からの入力映像を録画(キャプチャ)するには、ビデオキャプチャ機器(ボードまたはUSB接続の外部ユニット)が必要です。
  また、ビデオキャプチャは通常パソコンで行う他の作業よりも格段に重いため、必要なパソコン本体のスペックは必然的に高くなってきます。
  最低ラインの目安としてはPentium 4 1.5GHz以上、メモリ512MB以上は必要です。
  しかもこれはあくまでも最低ラインですので、快適かつ確実なキャプチャを行うのであればデュアルコア以上のCPU2GB以上のメモリを搭載したパソコン、出来ればノートよりデスクトップを使用することをお勧めします。
  HDD容量はあればあっただけ良いです。
  ハードウェアエンコードのキャプチャ機器を使うならパソコン本体のスペックは若干低めでも問題ないですが、現在主流のキャプチャ機器はソフトウェアエンコードでCPUのパワーに依存しますのでスペックは高いに越したことはないでしょう。
   ※エンコード等の用語に関してはリンク先のwiki等を参照してください。
  パソコンにキャプチャ機器を取り付け、キャプチャ用のソフトをインストールすれば、あとは前述のダウンスキャンコンバータと繋いで録画開始です。

  ちなみに、キャプチャ初心者の方は以下のサイトを参考にすると良いかもしれません。
  ちらっとし目を通しただけですが、「パソコン」「キャプチャ」の項目は特に目を通しておくべきかと思います。
  http://www18.atwiki.jp/live2ch/

 【おまけ】
  どうしても画質に拘りたい、デジタル入力でキャプチャしたいという方はスキャンコンバータとキャプチャボードに以下の物を使うと可能です。
  ただし共にD4での入出力となります。
  ・ダウンスキャンコンバータ:BUFFALO SC-D4
  ・キャプチャボード:sknet MonsterX-i


3.機器の接続
  機器の接続について、私が使用している機器構成を例に解説します。
 【使用機器】
  ・ダウンスキャンコンバータ:TVC-XGA2
  ・HDDレコーダー:RD-XS57
  ・ステレオミニプラグ分配ケーブル
  ・ステレオケーブル(ステレオミニプラグ⇔ピンプラグ(赤白))

 3-1.筐体の表側足元の蓋を開けます(お店の人に開けてもらってください、裏側の蓋も開けてもらうと楽です)
 3-2.Type-X2のモニタ出力からモニタへのケーブルを外します。
     DVI⇔D-sub15変換アダプタは本体に挿したままにして、ケーブルだけ外してください。
     もう1個の空いているDVI端子はおそらくOS上で映像を出力するように設定されていないと思われるので使用出来ません。
 3-3.TVC-XGA2付属のYケーブルのPCと書かれたケーブルをType-X2の先程ケーブルを外した端子へ接続します。
 3-4.Yケーブルのモニタと書かれたケーブルを先程本体から外した筐体モニタケーブルと接続します。
 3-5.YケーブルとTVC-XGA2の青い方のD-sub15ピン端子へ接続します。
 3-6.TVC-XGA2のS端子に付属のS端子ケーブルを接続します(録画機器にS端子がない場合はコンポジットを使用してください)。
 3-7.TVC-XGA2とACアダプタを接続し、電源をとってください。
 3-8.Type-X2のオーディオケーブルを外します。
 3-9.外したオーディオ端子(緑色の端)にステレオミニプラグ分岐ケーブルを接続します。
 3-10.先程外したType-X2のオーディオケーブルを分岐ケーブルの片側へ接続します。
 3-11.分岐ケーブルの空いているもう一方へ、ステレオケーブル(ステレオミニプラグ⇔ピンプラグ(赤白)) を接続します。
 3-12.TVC-XGA2に繋いでいるS端子ケーブルの反対側を録画機器の任意のS端子映像入力(例:入力1)へ接続します。
 3-13.Type-X2に繋いでいるステレオケーブルの反対側(赤白ピンプラグ)を先程映像を接続したのと同じ入力系統(例:入力1)の音声入力へ接続します。

  以上で一通りの機器の接続は完了です。
  下にある接続図と照らし合わせながら確認してみてください。
  あとは録画チェック用のモニタをレコーダーの出力端子と繋いで、筐体から入力されている画像や音をチェックできるようにすると良いでしょう。
  チェック用モニタに使用するのはテレビでもPC用モニタでも、繋がれば何でも結構です。

【接続図】
録画機器接続

  あとは録画ボタンを押すだけです。
  さあ、あなたも録画してみましょう!

スポンサーサイト

テーマ:格闘ゲーム - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

いまさらかもしれませんが大変わかりやすく参考になりました!
最近のMFC9もこちらの器材で録画されているのでしょうか?
ニコニコで一番画質がいいのでできたら真似させていただいて同じ環境でやろうかと考えております。
お時間のあるときでけっこうですので返信いただければ幸いです

投稿日 2011/04/06 07:02投稿者名 ◆ScLGH2.UURL URL編集 編集

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
参考になったなら幸いです。
今でもこの機材で録画していますよ。
動画はソースの質が一番影響しますので、制限の少ないレコーダーで最大画質で録画しています。
あとはエンコード設定が影響大きいですが、これはまた機会があれば記事にしたいです。
私は全てフリーソフトでやってますが、設定は全部手動になるのでエンコード経験が少ないようでしたら市販ソフトを利用されるのもいいかもしれません。
また不明点あればご質問ください。

投稿日 2011/04/07 15:00投稿者名 ハメ・ナ・ゲル将軍◆-URL URL編集 編集

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。